タクシー運転手に転職した元スーパーのアルバイト店員さん

先日、某地方都市を訪れた際にタクシーに乗る機会がありました。

私自身、タクシーに乗る楽しみのひとつが「運転手さんとの他愛のない会話」。長時間のドライブだったので、いろいろな話ができたのですが、タクシーの運転手さんの前職や転職をしたきっかけなども伺うことができきました。ちなみに今回乗せてもらった運転手さん、以前はスーパーのアルバイト店員さんだったのだとか。

「スーパーのアルバイト店員からタクシー運転手へとなぜ転職を決断したのか」など、いくつか伺った内容を、(もちろん本人の了承を得たうえで)ここに書きたいと思います。

とっても明るくて気さくな運転手さんでした!

【異業種転職】タクシー運転手に転職した元スーパーのアルバイト店員さんに話を聞いてきた
どうしてタクシー運転手に転職したのですか?

タクシー運転手に転職した元スーパーのアルバイト店員さんに話を聞いてきた

運転手さんのお歳は60代前半で独身。生まれも育ちも、この地方都市であり、若い頃は職を転々とされていたのだとか。50代で近くにできた大手スーパーマーケットの夜間アルバイトとして働くようになったのだとか……。

Q.以前はどのようなお仕事をされていたのですか?

A.この近くの温泉街にある24時間営業の大手スーパーマーケットの夜間アルバイト。商品の搬入だとか品出しをしていましたよ。人間関係もよかったし、ものすごく働きやすかったですよ~。

ただね、時給はほぼ最低賃金だから、家賃とか光熱費を支払ったら遊びに行くお金もなくなっちゃうの(笑)。だから家でテレビを見ながらゴロゴロするだけの生活(笑)。そりゃたまには友達と遊びに行くけど、シフトに入れなかったりすると(お金がないので)友達と遊びにも行けなくなっちゃう(笑)。

Q.タクシーの運転手に転職する大きなきっかけは何だったんでしょう?

A.うーん、やっぱり住むところかな。

この辺も、東日本大震災の後ぐらいから、なんだかんだで景気が悪くなっちゃったの。スーパーのシフトにも入れなくなった。そうすると家賃も払えなくなっちゃう。これは困ったなと。

そんな時にタクシー会社で働く友達から誘われてね。「正社員での採用だし寮もあるから」ってことで決めたの。友達に誘われたのも大きいかな。もっともそいつは紹介料もらったみたいだけど(笑)。

でも僕も結構な年だけど、それでも雇ってくれるからね。ありがたいよね。住むところがあるのは大きいよ~(笑)。住むところの心配をしないで済むのは幸せなこと。お給料も毎月ちゃんと入ってくるのもありがたいよね。少ないけど貯金もできるようになったの。

寮といっても新しいワンルームの部屋。寮費はとられるけど、前に払っていた家賃に比べると半分以下できれいなところに住める。これだけでも大きいんだよ~(笑)。

Q.タクシーの運転手以外に転職の候補はありましたか?

A.この辺りだと警備員とかもよく募集しているんだけどね。この年で正社員だとそのぐらいかな。でも警備員は、外での仕事がほとんどだから暑かったり寒かったり大変なんだよ。身体にこたえるんだよね。

タクシーの運転手だと、冷暖房完備の個室(笑)。仕事に出ちゃえば一人っていうのもいいよね。

Q.お仕事をしていて嫌なことはありますか?

A.繁華街とかで怖い人を乗せるのはちょっと嫌だね。酔っ払いも嫌だな(笑)。だけど、そういうところ(繁華街)へ行かなければいいだけ(笑)。素通りしちゃう。

それを除けば、この辺はお客さんだけじゃなくて住んでいる人もみんないい人ばかりだから、大変な思いをしたことはないかな。

Q.(仕事が多いとされている)都会に出ようと思ったことはありますか?

A.都会に出るとね、友達に会えなくなっちゃう(笑)。生まれも育ちもこの辺りだから。やっぱり住むなら、この辺りがいいなぁ。

うん、会社からいらないって言われるまで働きたいと思うよ。

と、こんな感じで教えてくれました。とっても明るくて気さくな人柄で、乗っていてとても楽しかったです。

印象的だったのは「タクシー会社の寮」のお話。非正規雇用で賃貸に住んでいる場合、確かに住居費はかなりの負担になりますよね。タクシーの運転手さんとお話をしていると、タクシー会社はどこも住居関連の福利厚生が手厚い印象を受けます。




以上、タクシー運転手に転職した元スーパーのアルバイト店員さんと話をしてきた内容でした。タクシー業界に転職を考えているみなさんの参考になれば幸いです。

・参考:【異業種転職】タクシー運転手に転職した元塾講師さんに話を聞いてきた

・参考:【異業種転職】タクシー運転手に転職した元美容師さんに話を聞いてきた

・参考:【年収】東京都内で働く個人タクシーの運転手さんに独立起業のメリットやデメリット・働き方を聞いてきた

<文責/M>

関連記事

【初心者向け】ハローワーク求人票の給与欄の正しい見方とは?
【独立起業】30歳?35歳?40歳?"起業限界年齢"って本当にあるの?
【40代・50代・60代】会社の倒産後や自己破産後に就く仕事にはどのような職種があるの?
このエントリーをはてなブックマークに追加